時には女の子のスカウトも風俗店員の仕事になる

風俗店員の仕事ということになると若干不透明な部分もあるように思われるかもしれませんが、時にはお店の外で行動をしなければいけないこともあるので責任重大です。
在籍してくれる女の子たちというのは募集を掛けて雇うことが基本なのですが、どうしても人手不足になってしまっているというのならば、地道にスカウトをするという必要もあります。

相手にされないことも

街を歩いている女性たちに対して声を掛けたとしてもナンパだと思われてしまって、相手にされないことが殆どなのですが、いちいち落ち込んでしまっていてはキリがありません。気持ちの切り替えが大事です。
そもそも成功確率はかなり低いということが考えられるので、数打てば当たるだろう。というくらいの気持ちでどんどんと行動していかなくては誰もスカウトできずに帰ることになるでしょう。

粘りすぎない

風俗店で働かない?なんていうことを街中で言ったとしても警察を呼ばれてしまうことになるかもしれないので、まずは良い仕事があるんだけど。というくらいで詳細は濁す必要があります。
個人的な連絡先を入手することができたのならば、それだけで可能性を高めていくことができるとも考えることができますし、まずは話術を駆使して関わっていくことが重要になるでしょう。

難しいことでも

時には専門のスカウトマンを雇うこともあるのですが、予算があまりないということになってくると、どうしても風俗店員が行わなくてはいけないことになるので覚悟しておいてください。
今までの人生でナンパすらもしたことがないのに・・・。という人にとってはかなり辛い内容になってくるかもしれませんが、時には知らないことを経験するのも大切なことですよ。

関連する記事